目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#103「計算外」あらすじ・ネタバレ

 

 

1-0

前半27分

我らが江ノ高が神奈川の雄・葉蔭学院を相手に先取点をもぎ取ったーっ!!

シルバ「・・・」

リッキー「なるほど日本人にしちゃ見せるじゃねーか」

シルバ「オレが見たいのはこんなモンじゃないがな」

リッキー「・・・?」

奈々「セットプレーならともかく飛鳥さんのいる葉蔭相手に流れから得点を決めるなんてこの1点はすごく大きいわ」

的場「ホントだよ!ああ こんな時にピッチにいられなかったなんて悔しいなぁ・・・」

 

 

荒木「駆の「φトリック」も今みてーにライン際に追い込まれた時にゴールを向くために使うのがベストじゃねーか?」

火野「だなっ!あの飛鳥 亨がこんなにきれいに抜かれるなんざU-19の代表試合でもねーぞ」

駆「いえ」

 

 

織田「確かに荒木じゃなかったらきめられなかったかもな ともかく浮かれるのは早いぞ まだ前半なんだ」

兵藤「織田ちゃ~ん そう言わねーで喜ばしてよーっ!

織田「ええい!うっとーしい」

鬼丸「・・・計算外ってヤツですか・・・これが飛鳥さんが前に言ってた」

飛鳥「・・・いや 荒木のことはオレも知ってるが乗せるとこれくらいはやるヤツだ 逢沢 駆のフェイントにしても簡単に止められないことは分かってた」

鬼丸「・・・」

飛鳥「そう心配そうな顔をするな 言ってるだろう?計算のうちだと 荒木は乗せると確かに怖いが天才肌だけにリズムを狂わされると脆いし逢沢のフェイントは使えるシーンが限られてる 一度見れば対策はできるさ ようは形を作らせなければいいんだからな」

鬼丸「それを聞いて安心しました でも今のが計算のうちなら 飛鳥さんにとっての計算外ってのはどんなシロモノなんですか?」

飛鳥「・・・さあ」

鬼丸「?」

 

 

さぁーて葉蔭のキックオフで再開!

江ノ高イレブン守りを固めてくるか!?

 

 

大月がさらに外側にオーバーラップ!

このままサイド突破をかけてくるか!?

八雲「させるかっ!」

しかし江ノ高チェックが早い!

八雲がしっかりとりついてさらに織田も向かっている!

大月たまらずサイドチェンジ!

あーっと!

このボールを飛鳥が途中でカットして

荒木「あんたにはもう」

兵藤「守備以外の仕事はさせねえ!!」

しかし ここでも早いチェック!

荒木とマコが2人がかりで飛鳥にアタック

飛鳥「・・・」

 

 

さぁー見応えのある対決だっ!!

鬼丸「飛鳥さん!」

岩城監督「どうでるかな飛鳥くんは ここはひとつのターニングポイントになるかもしれない」

奈々「ええ これでバックパスに逃げるしかアイデアがないとしたらこの先 飛鳥さんのオーバーラップは恐るるに足らないわ」

的場「となると俄然有利になる」

公太「・・・なんで?」

飛鳥「・・・!!」

飛鳥いきなりキックの体勢!

兵藤「ロングシュート!?」

荒木「まさか!?センターサークルだぞ!」

 

 

奈々「えっ・・?」

的場「な・・2人のぴったりど真ん中に!」

どっちがいくか一瞬迷ったその間をボールが抜けて

しかもバックスピンでスピードダウン・・」

 

 

鬼丸「おおおお!!」

このボールが逆サイドの白鳥に向かっていく!

すでにエリア内にはツートップが飛び込んでいるぞ!!

奈々「危ないっ!」

 

 

大きく弾いたボールは高~く上がってサイドラインを越えるか・・・

いや つないだーっ!

火野がハイジャンプからヘディングでつなぎ

そこに・・・

逢沢がいっているっ!

ドリブルで持ち込めばチャンスになるぞ!!

飛鳥「・・・」

駆「えっ!」

しかし ここにもう飛鳥が戻っている!

なんという切り替えの早さだっ!!

公太「φトリックだあ!駆っ!もう1回ぶち抜いてやれーっ!」

駆「・・・」

飛鳥「やってみろ」

!!

駆「くっ」(ダメだスキがないっ!今 仕掛ければ飛鳥さんの後ろにいる3番に奪われるっ!」

 

 

大月「潰す!」

 

 

荒木「・・・」

抜いたぁー!!

荒木 圧倒的な個人技でたちまちペナルティエリアに侵入したー!!

 

 

追加点か!?

それとも皇帝が止めるのかーっ!?

スポンサーリンク



エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#103「計算外」感想

計算外・・・飛鳥が頭角を現してきましたね。駆のφトリックも条件がそろわないとダメみたいですね。荒木と飛鳥の一騎打ち!どうなるんでしょうか?次が楽しみです♪

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#102「どちらが決める!?」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#102「どちらが決める!?」あらすじ・ネタバレ

 

 

ともあれ ここは葉蔭フリーキックのピンチ!

距離はあるが位置は正面!

さぁー しっかり守ってほしい!!

李「兵藤!荒木!もうちょい右だ!逢沢は9番ケア」

駆「はい!」

鬼丸「・・・お前 逢沢 傑の弟なんだってな」

駆「えっ?」

李「逢沢集中しろ!」

駆「は・・はい!」

さあー

エースの飛鳥かトップ下の真屋か

直接も狙える距離だ

フリーキックはいずれも劣らぬ定評があるが・・・

真屋がいったぁーっ!!

兵藤「くるっ!」

 

 

直接と思わせパスを選択!

真屋の動きに釣られてできたわずかなスペースに鬼丸が飛び込むーっ!!

鬼丸「もらったっ!」

 

 

公太「やべえっ!!」

ビシッ

はじいたーっ!!

そして海王寺が大きくクリアして・・サイドアウト!

この2試合

スタメンでゴールを守っている守護神 李 秋俊と

DFの後ろまでもケアするボランチ 織田涼真のコンビネーションがチームを救ったっ!

李「ナイス」

織田「いえ」

葉蔭のスローイン

白鳥が受けたが右ウイングに移った火野が素早くチェック!

この人は運動量も多く守備も献身的にこなします

荒木「八雲いけ!潰してカウンターだ!」

八雲「はいっ!!」

的場「火野さんが右サイドで前衛守備に走ってくれてるおかげで荒木さんの負担が減って中央近くに残れてる 悔しいけど監督の言ったとおりですね僕は全体が見えてなかった」

岩城監督「そうやってしっかり反省ができる薫くんはきっとどんどん上手くなりますよ」

大月「白鳥っ!」

白鳥「大月頼む!」

たまらず白鳥

オーバーラップしてきた大月に預け・・・

いや このパスを織田がカット!

さあ反撃だっ!!

織田「いけっ!!」

兵藤「オーライ!」

兵藤・・・を経由して

荒木につながったっ!

さあチャンスになるぞ!!

 

 

的場(さすがだよ鬼丸さんは ドリブルとかスピードよりもこういうところが僕との差だったんだな)

江ノ高タワー

高瀬が左からゴール前に飛び込んできたっ!

いい形だ!!

荒木ならピンポイントで上げてきそうだが!?

高瀬「・・・!!」

 

 

的場「でもドリブルで仙道さんをかわせても鬼丸さん達の背後からのマークをひきずったまま飛鳥さんと真っ正面から一対一をやることになる」

荒木「・・・!!」

荒木キック体勢っ!!

 

 

これを受けるのは

シルバ「・・・」

逢沢だぁーっ!!

ちょっとの間

消えていた逢沢がここにいてエリア近くに忽然と出現

奈々「うまい!結果的に高瀬くんがオトリになってチャンスにつながった!」

的場「消えていた駆くんが荒木さんにだけ見えてたのか!」

駆「!!」

あーっと!!

しかし飛鳥だっ!!

皇帝 飛鳥亨だけはしっかえいとケアしていたっ!

逢沢をペナルティエリアから弾き飛ばすような完璧マーク!

リッキー「巧いな あの5番 20番は潰されるぜ」

シルバ「さあ それはどうかな?」

リッキー「なに?」

シルバ「面白いモノが見られるぜリッキー」

リッキー「・・・?」

 

 

奈々「出るわ!」

 

 

リッキー「なんだ今のは!」

飛鳥「ちいっ!」

駆「くっ!!」

しかし飛鳥もタダでは抜かせないっ!!

的場「ファウル覚悟だ!エリアに入る前に倒されるっ!」

駆「!!荒木さん」

荒木が飛び込んでいたーっ!

逢沢倒されながらもパス!

審判流した!

あーっとしかし逸れたっ!

荒木「へっ・・よく見とけ!」

 

 

荒木「誰が一番」

 

 

奈々・公太「・・・!!」

ゴ・・・

 

 

アクロバットのような『スコーピオンシュート』で葉蔭のゴールネットを揺らしたーっ!!

1-0!!

江ノ高 先取点ーっ!!

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#102「どちらが決める!?」感想

どちらが決める!?・・・駆がどんな活躍をするか期待していたら!やってくれましたねΦトリック!しかしタダで抜かせない飛鳥のポテンシャル高い!そして荒木はオシャレなシュート決めるし・・・次が楽しみですね♪

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#103「計算外」

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#101「12人」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#101「12人」あらすじ・ネタバレ

 

 

奈々「江ノ高は12人を相手に戦ったるような感じじゃないかな」

駆「12人相手?どういう意味それ?」

奈々「サッカーって基本 数の論理で勝負するゲームだと思うの 守備でも攻撃でも技術で大きな差がなければ人数が多い方が競り勝つでしょ」

駆「うん」

 

 

駆「うん 李さんのナイスセーブに救われたけど危なかったよね」

 

 

飛鳥のヘッドは守護神 李ががっちりキープ!

さぁー立て続けのピンチをなんとかしのいだ江ノ高

すぐさま反撃に移ってもらいたい!

李「上がれーっ!・・・!!」

あーっといきなりロングパント!右サイドだっ!!

的場が手を挙げながら走っていた!

駆「よしっ!ナイスだよっ薫くん!!」

岩城監督「・・・」

そして落下点に向かってサイドを駆け上がる

的場に追いすがるのはボランチの大月だ!

的場「・・・」

さきほどは二度のフェイントで振り切ったが今度はボールをキープする前に密着マーク!

さあー どうなる!?

大月「キープはさせない!」

 

 

うまい!ヒールでトラップしてそのままオープンスペースにボールを転がしたっ!

大月「なに!?」

駆「すごい薫くん!」

奈々「落下点より先にわざと走り抜けて釣られた相手の死角でヒールトラップ!さすがね的場くん」

大月「いかせるかぁ1年!!」

グッ

的場「くっ!・・・!!」

ビッ

荒木「・・・!!」

 

 

出たあ!荒木の真骨頂ワンタッチパス!!

寄せてきたトップ下の真屋の頭ごしに背後の兵藤にパスを供給!

10番対決は荒木に軍配!

真屋「こ こいつ背中に目でもついてやがるのか!!

さあー 守備に攻撃に献身的に走り回り

天才・荒木の黒子に徹しているマコちゃんだが

元はといえばかつて江ノ高SC時代の近藤監督が

トップ下を任せるためにスカウトした選手!

ドリブル・パス・ミドルシュートとなんでもござれのオールラウンダーだ!

 

 

あーっとドリブルで突っかけるとみせて短くバックパス!

そこに織田が走り込んでいるっ!

ミドルシュートッ!!

 

 

さっきヘディングシュートを放った飛鳥がもうゴール前に戻っていた

荒木「右っ!!フォアチェックだ!カウンターかけられるぞ!!」

的場「えっ!!」

あーっと!

たまたまクリアボールがガラ空きの江ノ高右サイドに・・・

駆「くそっついてないっ!サイドを突破され・・・」

奈々「偶然なんかじゃないわ」

駆「えっ?」

奈々「的場くんが中央に詰めてきてるのを見てシュートをクリアしながらとっさにウチの右サイドにパスを出したのよ!」

駆「なっ・・・!」

公太「う うそだろ?一瞬でそこまで!?」

的場「・・・」

岩城監督「・・・」

 

 

大月「遅え!」

アーリークロスだ!

桂木がいっている!!

海王寺も・・・ジャーンプ!

あーっと桂木スルー!

ボールは転々として・・・

鬼丸の足元にー!!

沢村「させるかっ!」

 

 

一瞬にして2人を抜き去り

鬼丸 江ノ高ゴールに向かって突進ーっ!

駆「危ないーっ!!」

堀川「無駄無駄無駄無駄ーっ!!」

フワ

織田「くっ!!」

ガッ

織田が鬼丸を倒してフリーキック!

しかし恐るべきドリブラーだ!鬼丸春樹!!

4人がかりで最後はファウルで止めるしかないとは・・・!

奈々「スピードに乗せたら手がつけられないな あの人は・・・」

駆「ふーっ」

岩城監督「メンバー交代お願いします!」

!?

的場「・・・」

岩城監督「火野くんが右に入って 駆くんキミはセンターだ試合前のアップから時間も経ってないしすぐに出て大丈夫だね?」

駆「は・・はいっ!!」

 

 

的場「監督 僕はなんで交代なんですか?今日はドリブルもキレてたしチャンスも作れてたのに!」

岩城監督「でも守備はまったくしていなかったし戻るべきところで戻らなかった 尊敬する先輩のいるチームとの対戦で気持ちが高ぶるのは分かりますが江ノ高のサッカーはFWであろうと守備をしなくてはならない」

 

 

的場「・・・はい」

奈々「・・・」(優しいようでいて厳しい人だな岩城監督って・・・)

シルバ「早かったな まああの右ウイングは下げざるを得ないだろうが・・・」

記者(出てきたか・・うんと活躍してくれよ 天才の心臓を受け継いだ弟クン)

裕介「駆・・・」

 

 

ここまで5試合5得点を挙げてきた得点感覚でまずは先取点を!!

この膠着状態に風穴を開けてくれっー!!

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#101「12人」感想

12人・・・的場が交代ですか。しかも駆が登場って。飛鳥!強い!!荒木のパスセンスはずば抜けてますね。堀川が微妙に登場するのも面白い・・・次が楽しみですね♪

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#102「どちらが決める!?」

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#100「真骨頂」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#100「真骨頂」あらすじ・ネタバレ

 

 

江ノ高

先取点!!

駆「やった!!」

!?

いや・・・

オフサイドフラッグが上がっていた!

残念!

ゴールならずーっ!

高瀬「なっ!」

 

 

荒木「・・・」

兵藤「気付いたか荒木」

荒木「ああ クロスが上がる寸前に飛鳥がDFに指示を出してた」

公太「ちぇーついてねーな」

奈々「そうじゃないわ公太くん」

公太「えっ?」

 

 

駆「そ・・そうなの?」

岩城監督「ええ まさにね 仕掛けは的場くんのサイド突破の時に始まっていた 的場くんは2度のフェイントで鮮やかに葉蔭ボランチの大月くんをかわしたように見えた しかし的場くんがボールをまたいでスピードを落とした瞬間に大月くんはその前方を塞ぎ内側にドリブルで切り込んでいくように仕向けたんです」

駆「・・・」

岩城監督「さらに食い下がる大月くんのマークを嫌って」

 

 

駆「・・・」

岩城監督「そして このDFラインの動きはすべて飛鳥くんの指示でコントロールされていた 彼はすべてを理解していたからこそ 高瀬くんのヘッドにもまったく慌てずに悠然と見送ったんでしょう」

奈々「凄い・・・まるでプロのクラブチームなみの組織的DFだわ」

 

 

的場(いけるぞ 僕のドリブルは葉蔭にも通用した 次はもっと・・・)

さーて葉蔭

ボランチ4番 大月竜兵のフリーキックから・・

トップ下10番の真屋信之助にスイッチ!

大きなチャンスを逃した直後だけにここは集中して守ってほしい江ノ高イレブン

織田「FW引きすぎるな!兵頭 真屋マーク!フォアチェックだぞ!」

兵藤「任せろっ!」

真屋「・・・」

 

 

八雲「いかせるかよっ!」

しかし ここでも右サイドのボランチ八雲が素早くチェック

八雲「くっ」

おっと白鳥ここでドリブルで突っかけるポーズをとりながらヒールで大月に!

駆「ドリブル突破を匂わせて右サイドにDFを誘っておいてサイドチェンジで逆サイドを使うここまではセオリー通りか」

奈々「そうね伝統校のサッカーってパターンが読みやすい気がする」

岩城監督「・・・ただ」

 

 

圧倒的な運動量を誇り自陣ゴールから前線まですべてをカバーする

ピッチでただ一人「自由」を許された男 飛鳥 亨

飛鳥「・・・」

性格無比のロングフィードがありオーバーラップからのミドルありの万能リベロ

この人を自由にしてはいけないっ!

奈々「え キープした?セオリーなら少ないタッチで鬼丸さんに出してサイドチェンジを完成させるところなのに流れをあっさり切っちゃった」

駆「あ!?」

えっ?

飛鳥「・・・!」

な なんと大きく前線にキック!?

 

 

駆「ええっ!FWが飛び出してたの!?ここから見てても気付かなかった」

奈々「す 凄い視野の広さと判断力!前線の動きを見てとっさにパスに切り換えたのね!」

しかし粘着マークの「スナイパー」堀川が追っている!

この人はしつこさでは負けないぞ!

堀川「無駄無駄無駄無駄無駄ー!!」

ゴール前に上げてきたーっ!

駆「あ・・危ない!」

奈々「大丈夫 織田さんがマークしてる!」

織田「ヘッドはさせない!」

生沢「このっ!」

飛び出してパンチング!

 

 

ビシッ

荒木「!」

駆「えっ!右サイド!?」

なんと飛鳥 右サイドにパスを出したっ!

これを追うのは・・・ウイングの鬼丸だっ!

しかしちょーっと長すぎるか!?

沢村(いくらなんでも追いつけっこない!)

鬼丸「おおおおっ!!」

あーっと!

追いついたーっ!

なんという駿足っ!

沢村「な・・なに!?」

奈々「もっと凄いのは追いつけるギリギリのパスを見極めて出せる飛鳥さんの技術よ・・・!!」

 

 

クロスが上がるーっ!!

駆「よしっ 桂木さんは織田さんがブロックして・・・えっ?」

織田「!!」

 

 

李「ちぃっ!!」

バチィ

李「くっ!」

か・・かろうじてノーゴール!

し・・しかしなんとDFの飛鳥がとうとうゴール前まで!

これぞリベロの真骨頂!

 

 

荒木「・・・なるほど こいつが世代別代表常連サンの実力ってヤツかい・・・」

シルバ(ちょっとはドキドキしているかい?)

ドクン ドクン

駆「・・・」

シルバ(ピッチに立ちたいだろう駆クン)

 

 

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#100「真骨頂」感想

真骨頂・・・高瀬のはノーゴールでしたか。そこから葉蔭の反撃で江ノ高やられっぱなしでしたね。李のファインセーブで得点にはならなかったけど。次が楽しみですね♪

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#101「12人」

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#99「開戦」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#99「開戦」あらすじ・ネタバレ

 

 

ドクン

バッ

レオナルド・シルバ・・!!

駆「・・・」

なぜだろう

まだオレ自身はベンチにいてピッチにたってもいないというのに・・・

この試合は始まる前から何かが起こるような気がしていた

何かが・・・

 

 

監督「コラァ群っ!招集初日から練習試合に遅刻たぁ何事だっ!しかも男に堂々と車で送らせやがって・・・」

群咲「すみませ~ん きゃんとくぅー♡」

監督「さっさと着替えてアップしろっ!後半20分から出てもらうぞ!」

群咲「わーいっ あれっ 噂のリトル・ウィッチィは?」

監督「前半だけでアウトした」

群咲「えーざんねーん 見たかったなぁリトル・ウィッチィのプレー」

 

 

群咲「着替えてきまーす♪」

コーチ「五島監督なんですか?あの子 本当に代表に呼ぶようなレベルなのかしら・・・」

五島監督「少々のことは目をつぶってやってくれ香取くん なにせあの子群咲舞衣は色々と事情があってな性格や素行に問題アリだがうまく育てれば美島と共になでしこジャパンを女子ワールドカップで優勝に導いてくれる存在になるかもしれん」

場面は戻り

よーいん!

よーいん!

ナンバーワン

よーいん!

ナンバーワン

奈々「すみません遅くなりましたっ!」

岩城監督「大丈夫ですよ 練習試合の開始時間が遅れたと代表の監督さんから連絡もらってますから」

公太「な なんかサラっと凄い会話が交わされてますが・・・」

駆「う うん」

奈々「ホイッスルまだよね?」

駆「うん 今 全員ポジションについたとこ うちのCFWは火野さんだよ たまには最初から出てみたいなぁー・・」

奈々「うーん・・でも岩城監督の戦術は敵に「選択肢」を持たせるあるみたいだから」

駆「選択肢?」

奈々「そうよ」

 

 

奈々「普通の監督は左右対称に選手を並べたがるけど 岩城監督はそういうセオリーにぜんぜん拘らない そして こういう前線での高さ右サイドの突破力を生かす戦術に敵が慣れてきた頃には駆や公太くんを投入してさらにまったく別のサッカーを展開する やりにくい相手だと思うなー敵にとって江ノ高は」

駆「そうだね」

公太「・・・」

奈々「葉蔭みたいな伝統校は選手個人の能力はすごく高いけど戦術はオーソドックスだから うちみたいな型破りなチームはつけ込むスキ学校きっとあるわ」

駆「うんっ・・・」

繰り返しますが神奈川は全国大会に2校が出場できるため

この試合に勝ち 次の準決勝に勝利した時点で

神奈川県代表として全国大会に進出が決まります

 

 

我が江ノ高放送部も葉蔭放送部に負けない

熱い実況をお送りしたいと思います!

さあー主審が笛を・・・

ピィー

今 鳴らしたっ!

総体神奈川予選準決勝

江ノ島高校 対 葉蔭学院戦

キックオフ!

荒木「・・・」(・・・なるほどまったくスキがねえ なにかってえと飛鳥や鬼丸あたりに注目が集まるが7番の白鳥と10番の真屋は並みのチームならエース間違いなしって話しだかんな・・)

 

 

奈々「昨日の試合では久々の実戦ってこともあってか 序盤は相模ヶ浦のトータルフットにかき回されちゃったけど今日は見違えるようね」

駆「うーん確かに セブンならここはどこから崩しにいく?なでしこジャパンのエースとしてはさー」

奈々「だからヤメテって・・そうね私ならまずは右サイドかな?」

駆「薫くんってこと?」

奈々「ええ」

 

 

的場「・・・」(こいっ 僕を使ってくれ!)

真屋「もたついてるならもらいにいくぜ!」

葉蔭の10番真屋が荒木に寄せていくのを見て

背後から右の守備的MF八雲が全力でオーバーラップ!

奈々「うまい!的場くんの動きを見て八雲くんがオトリの走りでオーバーラップをかけたわ」

公太「ちぃっ やってくれんぜ!あのヘボ!」

駆「白鳥さんが釣られて八雲くんのマークに走った!やった!薫くんがフリーだ!」

 

 

一気に動き出した!!

鬼丸「・・・」

速いっ!

いつにもまして的場のサイド突破が冴えているーっ!!

マークについた4番大月を・・・

大月「甘い!!」

的場「!」

あーっと!振り切れない しっかり反応しているっ!」

フッ

大月「しつけー!!」

 

 

奈々「すごいわ今日の彼 最初のシザースは読まれたけど次のフェイントで潰そうと前を抑えたDFの裏をかいて内側に切り込んで抜け出した!」

鬼丸「・・・へえ」

的場(通用するっ!僕のフェイントは葉蔭相手でも!)

向井「調子に乗るな1年!」

しかし2番向井がたちはだかる

このままドリブルで突っかかるか?

それとも!?

中央では火野が飛び出しを狙っている

その背後には兵藤もいるぞ!

的場「・・・!」

岩城監督「さあチャンスですよ 右サイドの突破には八雲くんと薫くんの2人」

火野がゴール前に飛び出したっ!

岩城監督「そしてゴール前の高さでの競り合いには火野くんと」

 

 

あーっと!

的場のクロスは火野の頭上を通り越して

高瀬だぁー!!

岩城監督「個々の力は向こうが上でも勝機はあります サッカーは11人でやるゲームですから」

駆「よしっ!!」

高瀬「もらった!!」

 

 

な なんと江ノ高 開始3分で先制ゴ~ル!!

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#99「開戦」感想

開戦・・・駆の心臓がドクンとしましたね。シルバがいるのを認識。この試合で何か起きるんでしょうか。そして奈々はさくっと代表の試合途中で帰るし。次が楽しみですね♪

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#100「真骨頂」

エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#98「心臓」

目次ページはこちらをクリック!!