エリアの騎士専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#193「マイフレンド」

Pocket

投稿日:2021年04月23日 更新日:2021年04月23日

スポンサーリンク

エリアの騎士あらすじ・ネタバレ

シルバ「ボクと傑が加入したチームはモチロン敵チームの監督までやってきてすぐに入団しろだのギャラの話まで始めてネ 混乱をさけるため2人ともバラバラに別室に連れていかれて」

駆「どうなったんですか?」

シルバ「破格の条件だったけどボクは断ったヨ」

駆「えっ?なんで・・」

シルバ「傑が入団せずに帰国したのは違った理由だったみたいだけどネ」

駆「・・・?」

シルバ「・・・駆 キミの心臓は傑からもらったものなんだろう?」

駆「!! い・・いやそれは・・」

シルバ「分かっているヨ 慌てないでもいい誰にも言わない」

駆「・・・」

シルバ「そしてキミの中でまだ傑は生きている それがキミが何度か見せたあの傑を思わせるプレーとして現れた 違うカイ?」

駆「・・・」

シルバ「ボクがたくさんの有名クラブの誘いを断って日本の高校でサッカーをやることにしたのは蹴学の親会社が用意した莫大なギャラのためではない キミの中の傑と闘いたいと思ったからダ」

駆「えっ・・」

シルバ「ボクはいずれ世界のトッププレイイヤーになるつもりダ だがその前にどうしても傑との・・永久につけられなくなってしまった決着に自分の中で納得できる答えを見つけておきたかっタ・・たとえ直接闘う機会がなかったとしても・・・」

駆「・・・」

シルバ「でも今のボクはそれだけではない」

駆「え・・?」

シルバ「選手権が楽しみだヨ 抽選なんか関係ない 我々は決して負けない だからキミたちが勝ち続ければいつか必ず当たることになる」

駆「はい・・・」

シルバ「その時は見せてほしい 傑とキミのサッカーをこのボクに日本に来て本当によかったと思わせるプレーを見せてほしい」

駆「・・・」

ドカアッ

!!

駆「うわっ!!」

舞衣「レオレオには関係ないじゃーん ほっといてよ!」

シルバ「関係なくないサ キミを蹴学に紹介したのはボクなんだからネ」

駆「えっ!?シルバさんが群咲さんを?」

シルバ「レオと呼べヨ 駆!」

駆「えっ・・」

シルバ「友達はみんなそう呼ぶ キミの兄貴もそうだっタ 選手権で会おう駆!」

駆「は・・はい シル・・・」

舞衣「違うでしょ!」

駆「・・・」

駆「・・・レ・・・レオナルド・シルバをレオなんて呼んじゃったヨ」

奈々「もう・・・そんなんでドキドキしてたらやる前から圧倒されちゃうよ?」

奈々「送ってって」

駆「・・・うん」

舞衣「それにあたしをあの最悪な父親のもとから引き離してくれたよね」

シルバ「舞衣・・それは」

舞衣「だからおせっかいしないでってば」

シルバ「たったひとりの肉親だろう?」

舞衣「・・・あたしとウィッチィのところにグラビアの依頼がきたの」

シルバ「へえウィッチィにも?」

舞衣「彼女は断ったけどあたしは出るつもり 人気者になって実力もつけてお金だって稼いでみせる・・・」

シルバ「目標があるのはいいことだ」

舞衣「だからもう金輪際あの人と関わりたくないの 分かるでしょ?」

シルバ「分からないな」

舞衣「・・・」

シルバ「家族は大事にした方がいい 知っての通りオレの両親は早くに死んだ だから思うんだ どんなワケがあろうと一緒にいられるならその方が・・・」

舞衣「それがおせっかいだって言ってるのよ!!」

シルバ「舞衣・・・」

オレたち江ノ高サッカー部は6日後に迫った選手権大会に向けて

より厳しい練習を積んでいった

決勝戦では軽いトラブルを抱えていたらしい荒木さんの足もすっかり治り

正GKの李さんの手首の捻挫も癒えたチームは

練習試合でも負けなしの絶好調を維持していた

日本中の高校サッカー部員たちの目標であり夢の舞台

全国高校サッカー選手権の開幕の日が近づいていた

エリアの騎士感想

舞衣と父親の関係はどうなんでしょうか?シルバは何か知ってるみたいですが。そして駆とシルバは友達になりましたね。駆の中の傑を意識しつつも駆自身にも興味があるみたいですね・・・次が楽しみです♪

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

(Visited 5 times, 1 visits today)
Top