逢沢 傑(あいざわ すぐる)

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



 

逢沢 傑(あいざわ すぐる)

 

WS000003

 

誕生日:10月1日
血液型:O型
身長:176cm
体重:67kg
ゼッケン:10(第1巻時点)
ポジション:MF
得意技:全般
パス:10
シュート:10
フィジカル:8
カリスマ:10
テクニック:10
家族構成:父、母、長男(傑)、長女(美都)

U-15日本代表に選抜されるだけでなく、全世界の同年代選手から一目置かれるスーパープレーヤー。テクニック、判断力、視野の広さなど、あらゆる能力に秀でた、誰よりもサッカーを愛した少年だ。

 

サッカーを誰よりも愛し、誰よりも愛された少年

 

初登場

サムライブルーの一員として駆ける!!

U-15日本代表選手として、日本対ブラジル戦に出場。ブラジルチームの9番へのパスをカットし、同点ゴールまで決めてみせた、中学生とは思えないテクニックは、まさに世界レベル。(1巻#1)

華麗な技でブラジル代表を翻弄!!

 

技術

誰もが舌を巻くスーパープレーヤー

鎌学中学サッカー部に所属し、日本代表にも選抜されている傑。そんな彼のテクニックは、同年代の仲間たちを大きく凌駕。個人技のみならず、ゲームメイクを担うMFとしても超一流だ。

ゲームメイクを一手に引き受けるまさにピッチの王様!!

 

駆と共にサムライブルーを着る!

サッカー選手として完成の域に達しつつある傑の夢は、弟の駆と共に日本代表としてサムライブルーのユニフォームを着ること。世界の大舞台で自分のパスを受け、駆がゴールを決める光景を夢見ていた。だが、駆がマネージャーに転向したことで、2人の関係はぎくしゃくしはじめる。(1巻#1)

駆に「エリアの騎士」としての資質を感じ取るが・・・

 

運命

不慮の事故で若くして落命

自らの夢を駆に伝え、傑はトラック事故でこの世を去る。ぎくしゃくした間柄にあった弟に対して、傑が自分の正直な気持ちを伝えた背景には、虫の知らせがあったからに他ならない。(2巻#5)心が通じ合った刹那、兄弟は永遠に引き裂かれた。

不甲斐ない駆を叱咤し・・・

マネージャー役に甘んじてる駆へ厳しい言葉を投げ、再起を促そうとするが・・・。

心が通じ合うもその直後・・・!!

 

孤独

苦悩を隠してリーダーを務める

サッカー選手として人知れず不安や恐怖に怯えるのは、傑として変わらない。そんな彼のメンタル面をケアしていたのが、臨床心理士の峰先生。(25巻#213)しかし、一時は事情を知らない駆から、不純異性交遊を疑われたこともあった。(2巻#4)

同年代には相談できない苦悩・・・

 

言葉

生前は敵、味方を問わず、周囲を奮い立たせる!

普段は物静かな傑は、あまり多くの言葉を口にしない。それだけに彼の言葉には重みがあり、サッカーを愛する者すべての心に響く。弟の駆のみならず、荒木や鷹匠、飛鳥、シルバといった面々が、傑の言葉と天才的なプレーに心うたれ、高みを目指す決意を固めているほどだ。

傑の言葉とプレーに友だちは刺激を受ける!!

傑との出会いが、少年たちを発憤させた(14#109、15番外編)

 

 

心を打つ名ゼリフ

王様がひとりでがんばったって戦いには勝てやしないんだぜ」(2巻#5)

傑にとって、自分のパスをゴールへと運ぶ「エリアの騎士」は駆しかいなかった。天才ゆえに孤独な立場にあった傑は、心許し、共に戦うパートナーを求めていた。

 

セブンから見た傑

「口ベタだけど誰よりも仲間想いよ」

心に思ったことをうまく伝えられない一面があるけど、実は誰よりも仲間想い。サッカーのことなら敵味方を問わず、アドバイスする優しい人よ。きっと男子にしか分からない意地や、気恥ずかしさがあったんでしょうね。

 

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA